オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
手術着の医師

シミやあざにかんする治療は、医療機関は皮膚科への相談と受診になります。
ひととおりの体調などの問診の後に、治療の相談を行いたい部位のあざやシミの広さや状態を調べる事になります。
どのくらいの広さや肌の奥のあたりまでの色素沈着かなどで治療の方法や期間がかわります。
その中でシミ取りの施術や美白の施術を決めてゆく事になりますが、まずおおまかな期間を確認しておきましょう。
その時々の体調に応じて多少の治療期間の増減があるからです。
そしてもうひとつ確認をしておくのが、投薬治療のみの医療機関なのか、機械を使った治療も行う医療機関なのかです。
範囲が広かったり、外科的な切除手術も行う場合がありますが、その施術を他の医療機関に紹介して移動して行ってもらうのか、その医療機関内で行うのかを確認する為です。
皮膚の状態の検査によっての判断になるのですが、確認をしておくと安心して受診を続ける事が出来ます。
いままでにない場所に症状が出た場合で不安に思ったら早めに来院しましょう。

紫外線対策

皮膚にかんする治療は若干の期間と、治療の種類によっては食生活の指示やしてはいけない事の指示を受ける事が多々あります。
その中でも通年を通じて気をつけなくてはいけないのが、紫外線対策つまりUVケアです。
日中は季節を問わず必ず紫外線を浴びる事になるので、治療中の紫外線対策をどうしたらよいのかは最初に確認をしておきましょう。
ほとんどの場合は皮膚科医推奨の紫外線対策の基礎化粧品や薬品、医薬部外品を用意しているので処方してもらうと良いでしょう。
その際には使用頻度と、洗い流す時の留意点も確認をしておくと安全です。
ひととおりの治療が終わった後、その後の経過を確認する必要があるかどうか、あればどの位期間を置いて再来院した方が良いかを聞いておきましょう。
シミやあざはある場所が違うと治療の方法が変わる事があるので、疑問点があったら都度確認をして治療に不安なところが内容にしましょう。
さらに投薬治療の場合、痒みや痛みがあった場合はすぐに使うのをやめて出来る限り早く医療機関に相談して対策をたててもらいましょう。
まめな確認とゆとりのある治療期間をもって確実に治療をしましょう。